ぷかログ

熱気球パイロットとして世界を旅する空飛ぶフリーランスのイマ

【国立競技場】伊藤園「健康ミネラルむぎ茶」がギネス世界記録™認定で巨大気球出航式!

2023年6月12日、国立競技場にて鶴瓶さんの顔が描かれた気球が出航!

「最も販売されているRTD麦茶ブランド(最新年間販売量)」実績世界No.1としてギネス世界記録に認定された「健康ミネラルむぎ茶」。

全国に水分・ミネラル補給を啓蒙するために、イメージキャラクター25年目を迎える笑福亭鶴瓶さんの顔が描かれた、高さ25mの巨大気球が登場し、鶴瓶さんの合図とともに出航しました!

こちらの巨大気球は、私たちPUKAPUKAにご依頼を頂いてブラジルで製作したもの。

鶴瓶さんの大きな顔がプリントされた気球を国立競技場で立ち上げるという、ワクワクの詰まったイベントが無事に完了し、ほっとしました。

ここでちょっとだけウラ話。

イベント当日の6月12日は前夜から雨が降り続いており、競技場はびちゃびちゃ。

熱気球の球皮は水に濡れると劣化しやすい為、施設にある色んな道具をお借りしてスタッフ総出で水かき!

陸上用のスポンジで水を吸い取る機械は最強で、大活躍。できる限り水気を吸い取り、ブルーシートを敷いて球皮を保護しながらの立ち上げとなりました。

雨にも負けず、風にも負けず。

鶴瓶さんの巨大気球が無事に浮上!国立競技場に気球が浮かぶ様子は圧巻でした!

【熊本県八代市】くまモンポートでくまモンの気球搭乗体験!

2023年3月19日。

くまモン大合唱オブジェで有名な「くまモンポート八代」にてくまモンの気球搭乗体験が開催されました!

f:id:pukapuka_azure:20230409122616j:image

くまモンの聖地「くまモンポート八代」にお呼び頂いて!

くまモンポート八代でのイベントとしてお呼び頂き、9~11時の2時間の搭乗体験を開催しました。

f:id:pukapuka_azure:20230409122635j:image

海のすぐ隣なので風の強さがどうなるか心配だったのですが、風の予報は9時頃まで2m/秒。10時には3m/秒とお昼にかけて風が強くなる予報となっており、気球を浮上させることはできそう!

あとはどこまで風が持つか?という状況でした。

会場がオープンする9時前にはすでに長い車の列ができており、沢山のお客様にご来場頂きました!

f:id:pukapuka_azure:20230409122648j:image

無事に1時間半の搭乗体験を実施!

なんとか風が予想よりも持ちこたえてくれて、1時間半、搭乗体験を実施することができました!

大人から子供まで200名程の方に体験頂けて、スタッフ一同嬉しさと安堵でいっぱいです。

f:id:pukapuka_azure:20230409122711j:image

風が強くなって中止となってしまってからは、ご搭乗頂けなかった皆様に「バーナー体験」をお楽しみ頂きました。普段気球を運行している時には触ることのできない、熱気球の心臓部である「バーナー」を触って頂ける貴重な機会。

バーナーの火力に「わぁ~すごい!」と感動の声が聴けました!

f:id:pukapuka_azure:20230409122716j:image

【ソロフライト・実技試験】熱気球パイロット養成コース

いよいよ、ソロフライトの朝!

無事にソロフライトを終えることができたら、続けて実技試験のフライトを行えるよう、試験官の方にもご参加頂いて始まりました。

f:id:pukapuka_azure:20230308150259j:image

予報では穏やかな風だったのですが、実際はちょっとはっきりした北西風が吹いており、「なんとか移動中に収まってくれ~」と祈りながら、佐野市の南側にあるエリアに移動。

f:id:pukapuka_azure:20230308150310j:image

さすがはお天気男のJunjiさん。離陸地では風がとっても穏やかで、約20分の穏やかなソロフライトを行い、無事に着陸できました!

f:id:pukapuka_azure:20230308150422j:image

インストラクター雄大からの「実技試験受験のための推薦」もサインされ、実技試験へと移ります。

f:id:pukapuka_azure:20230308150430j:image

一旦気球をたたんだ時には、先ほどよりは少し風が出てきていたものの、しっかりとフライトプラン・目的地を設定し、実技試験のフライトが始まりました。

 

試験官からのフライトに関するリクエストとして、以下の4点が伝えられています。

  1. レベルフライトを行うこと
  2. 中間着陸を2回以上行うこと
  3. 中間着陸の際、最低1回はバーナーの種火を消してから着陸すること
  4. 1度2000ft以上の高度まで上昇すること

※これらのリクエストをこなせなければ不合格になるという条件ではありませんが、技術やパイロットとしての判断を確認するためのリクエストとなっています。

1回目の中間着陸を行ったところで、気球が風に押されるくらい(約2-3m/秒)の風が吹いてきてしまいました。

f:id:pukapuka_azure:20230308150514j:image

どうするのかなぁ~と心配で駆けつけると、風速や飛んでいく方向を考えて、Junjiさんはここを最終着陸地としてフライト終了すると判断。

フライト時間は約15分程と短い試験で、試験官からのリクエストも2点しか実行できませんでしたが、フライト中の様子に加え、「試験に受かるために無理に強行するのではなく、安全を第一とした判断ができた」ことが評価され無事に試験合格

f:id:pukapuka_azure:20230308150521j:image

良かったー!

正直、Junjiさんの力が発揮できたフライトではなかった為、私たちも心配になりましたが、最後の「ここで辞めます」という判断は、パイロットとして安全を最優先するために必要な勇気なので、本当に良かった!

f:id:pukapuka_azure:20230308150600j:image

これにて、JunjiさんはPUKAPUKAの熱気球パイロット養成コースを卒業となります!

ただ、ここがパイロットとしてのスタートです。これから沢山飛んで、いろんなことを経験し考えながら奥深い空の世界を楽しまれることでしょう!

お疲れ様でした~!

 

熱気球パイロットを短期集中で目指したい方は是非こちらをご覧ください!

www.pukawaku.com

【和歌山県有田川町】医療従事者の方に感謝の気持ちを込めて搭乗体験が開催されました!

2023年2月18日。

和歌山県有田川町にある湯浅城公園にてくまモンの気球搭乗体験が開催されました。

f:id:pukapuka_azure:20230407163601j:image

 

国内で最初の新型コロナ感染症の院内感染が発生した病院への想い

イベントをご依頼くださったのは、大阪府岸和田市にてフードリネン・メディカルリネンを中心としたリース&クリーニングの事業を営まれている株式会社エスオーシーの善野様。

www.e-soc.co.jp

2020年、日本でも新型コロナウイルス感染症が確認され、済生会有田病院では国内初の院内感染が発生しました。

「世界的にこの新型コロナウイルスがどんな病気なのかもわからない頃、国内初の院内感染が発生し、ずっとコロナと戦ってきてくださった有田病院の医療従事者の方に感謝の気持ちを込めて、熱気球イベントを開催して体験にご招待したい!」ということでくまモンの気球での熱気球搭乗体験を企画してくださいました。

株式会社SOCさんは済生会有田病院のリネンのクリーニングを担当されており、コロナとの闘いを最も近くで支えて来られた企業なのです。

私たちPUKAPUKAも、コロナで暗い気持ちになってしまった世の中で、熱気球を見て笑顔になってもらいたい!と思いこの「くまモンの気球」を製作しましたので、本当にありがたい機会でした。

当日の風は穏やかな予報!病院からもくまモンの気球が見えた!

風はとっても穏やかな予報で、株式会社SOCの社員の皆様と一緒に準備開始!

f:id:pukapuka_azure:20230407163615j:image

事前予約頂いた、医療従事者・保健所関係者の皆様に順番にご搭乗頂きました。

気球からは湯浅城や海も見えていました!

f:id:pukapuka_azure:20230407163622j:image

病院の方からもくまモンの気球が上がっている様子が見えていたようです!体験に来れなかった医療従事者のみなさんや、入院されている方にも見てもらえていたら良いな…と思います。

f:id:pukapuka_azure:20230407163630j:image

「気球が見えたから来てみた」と続々に一般のお客様も来場くださり、気球を見たり乗ったり、お近くにお住まいの方にもお楽しみ頂くことができました!

f:id:pukapuka_azure:20230407163635j:image

 

本イベントを企画してくださった株式会社エスオーシー様、ご来場くださった皆様、ありがとうございました!

【トレーニング #10】熱気球パイロット養成コース

Junjiさんの10回目・50分のトレーニングフライトを行いました!

f:id:pukapuka_azure:20230307174443j:image

エリアの西の方にある「水上ランチ」と呼ばれる河川敷から離陸して、藤岡運動公園近くで1回中間着陸。

f:id:pukapuka_azure:20230307174653j:image

再度離陸してスカイフィールドに着陸!

クルーとして見ている分には、しっかり中間着陸もできて、目的地としていたスカイフィールドに最終着陸もできて。しかも高さを変えて微調整もできていたのでバッチリ!に見えました。

f:id:pukapuka_azure:20230307174719j:image

が、Junjiさんとインストラクター雄大としては、細かい部分で判断が遅かったりする部分があったようで中間着陸の際やフライト後のフィードバックでじっくり振り返りを行っていました。

現状に満足せず、上を目指す!素晴らしいです。

f:id:pukapuka_azure:20230307181344j:image

本日のフライトで「10回10時間のインストラクターとの同乗訓練」の条件を達成でき、インストラクター雄大としても、次のステップである「ソロフライト」もJunjiさんなら大丈夫そう!ということで、次回のフライトではソロフライトと実技試験を行うこととなりました。

いよいよ養成コースの最大の山場を迎えます!

 

pukapuka-azure.hatenablog.com

 

【トレーニング #9】熱気球パイロット養成コース

Junjiさんの9回目・1時間20分のトレーニングフライトを行いました!

f:id:pukapuka_azure:20230201164159j:image

地上付近はゆるい北風、中層に西風という予報で、パイバルもほとんど予報と同じだったので「水上ランチ」と呼ばれる離陸地へ移動。

その場所から30分ほどフライトをして板倉の田んぼ地帯で中間着陸し、もう1度30分程度のフライトをしよう!というプランで離陸しました。

f:id:pukapuka_azure:20230201164205j:image

実際は地上より少し上に東風があり、着陸しようと降ろしたタイミングでどんどんと西の方に流されてしまったので、さらに上の北風と西風でしっかり修正!

農道に中間着陸しました。

f:id:pukapuka_azure:20230201164215j:image

目標としていた農道とは少しズレたところにはなりましたが、着陸の感じも上達してきました!

また離陸して、地上の西風とその上の東風でサークリング。それを2回練習して、1時間20分のトレーニング終了!

f:id:pukapuka_azure:20230201164231j:image

インストラクター雄大の「もう、安心して乗ってられます」という言葉のとおり、自分でプランを立て、臨機応変に色んなパターンを考えて決断ができるようになってきました。

あとは、「着陸をもっと低い所からトンと降りるようにする」というような、細かい調整を行っていきます!

レーニングフライトも残りあと1回!頑張っていきましょう!

 

pukapuka-azure.hatenablog.com

 

【トレーニング #8】熱気球パイロット養成コース

Junjiさんの8回目・32分のトレーニングを行いました!

朝集合して風を見た時には3m/秒近くの風を感じたので、「フライト中止」と判断して朝ごはんを食べながらお話をして、では解散~と玄関を出ると「気球飛んでる!」

f:id:pukapuka_azure:20230131120451j:image

他チームはしばらく風が落ち着くのを待ってフライトを行っていたようで、確かに風が穏やか…

「急いで準備して、少しでも飛ぼう!」ということで、スカイフィールドに向かいます。

f:id:pukapuka_azure:20230131120504j:image

地上付近では西風、中間に北東風、その上には東南東風が吹いており、それらの風を使って板倉の田んぼエリアまでフライトしました。

f:id:pukapuka_azure:20230131181142j:image

田んぼの中で一度着陸し、回収しやすい農道の方まで地面すれすれでレベルフライトの練習。

f:id:pukapuka_azure:20230131181151j:image

すこし短めのフライトではありましたが、かなり充実感を感じたようです!

f:id:pukapuka_azure:20230131120520j:image

「風を感じる」というテーマを持ってフライトを行ったというJunjiさん。大きく3つの風の角度とスピードを感じながら1本のフライトを完遂できて「気持ちよく飛べた!」とのこと。

インストラクター雄大もよくアドバイスで「テーマを持ってフライトをする」ということをお伝えしていますが、目的を持ってフライトすることのメリットを実際に体感できたフライトでした。

残りトレーニングは2回!引き続き頑張りましょう!

 

pukapuka-azure.hatenablog.com